ハンドメイドは並べただけでは売れない。それに気づいたゆきが、他のネットビジネスをやる事で気づいた事をハンドメイド販売に活かしていくブログです。

長女にお仕事について聞かれたので、全てを話してみた

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハンドメイド作家歴2年。 なかなかハンドメイドで芽が出ず落ち込んでいたが、ネットビジネスをガチった事で、ハンドメイドでも毎月注文が入るように。

こんにちは。

ゆきです。

 

 

ハンドメイド作家をしながら、他のネットビジネスもやっています。

 

 

こちらで公表している私の肩書きといえば

・ハンドメイド作家

・アフィリエイター

・ブロガー

・不用品販売

 

ぐらいかなと思うのですが、

他にも色々やっております(。・ω・。)

 

 

 

昨日小5の長女に

「ママのお仕事についてインタビューしたい」と言われたので、

いい機会!と思って全てを話す事にしました。

 

 

 

というのも、

長女はとっても頑張り屋さんなのですが

典型的な『コツコツ頑張っていればいつか報われる♪』

と思っているタイプです。

 

 

 

私もつい何年か前までそう思っていたので

気持ちはよくわかります。

 

そう信じたい気持ちも痛いほど分かります。

 

 

 

ですが、

それだと突き抜ける事は厳しいんだよ!

ゆき

 

 

 

と言うことで、

長女に話した事を振り返りながら今日は書いていきたいとおもます。

 

 

 

娘に全ての仕事を話してみた

インタビューをする前に、

うちの長女が把握している職業って

ハンドメイド作家ともう一つメインでやっている職業だけだったと思います。

 

 

 

ですが、細かいものも含めて何と8種類もの仕事をしていたんです。

 

 

それらは、全て繋がっているので

そんなに負荷はないですし、全部で私という認識なので違和感はないのです。

 

 

 

ですが、肩書きとしては8つという事になりました。

 

 

 

この時点で、娘はびっくりしていました∑(゚Д゚)

そりゃそうだ。

 

 

 

 

たくさんのお仕事を何でやっているのか

次に質問されたのが、何を使ってそれらの仕事をしているのか?という質問です。

 

 

まぁ、そうですよね。

 

 

はたから見れば、スマホいじって

PCで遊んでいるように見えるらしいので。

 

 

 

私の仕事は主にコミュニケーション系、SNSははスマホで行っています。

 

その他の作り込む物はPCの方が楽なので

PCで行っています。

 

 

 

そして、自分で話していてびっくりしたのですが、私対面でも行っているんですよね。

 

 

教える系は、結構対面でも行ってます。

その方がいい!もしくは、

スマホやPCに苦手意識を持っていらっしゃる方も結構いますので。

 

 

 

それを聞いた長女は、

あー、だからスマホやPCの前にそんなにいるのか‥と思い当たる節があったようです。

 

 

 

 

 

お仕事をしていて、辛い事や大変な事は何か?

まず真っ先に答えたのが、

『目が疲れる』これですね。

 

 

ネットビジネスは、スマホやPCなどを主に使っているので、目が疲れます。

 

 

また、ハンドメイド作家をしていると

これまた細かい物を見るので疲れるんですよね。

 

 

 

なので、目のメンテナンスはかなりしています。

 

 

 

・例えば、ブルーライトカットの眼鏡を必ずかける。

・目のストレッチをする。

 

 

それだけでも疲れが取れない事もあります。

そんな時は、体中の血液が上手く回っていないと言うのに気がついたので

ヨガをして、血液が体中に回るように促します。

 

 

 

 

 

お仕事をしていて、楽しい事は何ですか?

これは、結論から言うと

お客様やクライアントさんの人生が変わる瞬間が見える所です。

 

 

私は、ハンドメイドアクセサリーを販売しているのは、『ただのアクセサリー』です。

 

 

でも、それをお客様が手にして

ウキウキした気分や、幸せな気分になってくれる。

 

 

そしたら、もっとオシャレが楽しく感じて

色々ファッションを楽しめるようになった。

 

 

 

そんなお客様が実際にいらっしゃるんです。

 

 

 

 

そういった人生をちょっと幸せに感じるきっかけを作れる事、そしてその場面に立ち会えると言うこと。

 

それが、私の喜びです♡

 

 

 

それも、他のお仕事も同じで

お客様やクライアントさんが

今まで挑戦しようと思わなかった事に挑戦して

喜びを感じている。

そんな場面に出会えるのが、私が仕事をしていてよかったなと思える事です。

 

 

 

 

まだ、実際パートをした方が稼げるんです。

でも、私が私らしく笑顔でいられるために

これらの仕事をしています。

 

 

 

なので、きちんとお金としての成果も出せるよう、頑張っていきたいなと

改めて思いました。

 

 

 

 

長女からの感想

このインタビューに本気で答える事で

一番得たかった物は、長女の感想です。

 

 

 

例え、娘であっても無理矢理人を変えるってできません。

 

 

 

だから、自分で色々気づきを得て欲しかったんです。

 

 

 

長女が私にくれた感想はコレです。

ママは私が思っている以上に色々な事をやっていたんだね。
私だったら全然できないよ。
ママすごいね。
教えてくれてありがとう。
大好き

長女

 

 

他にもたくさん書いてくれていたのですが、

簡単に書くとこんな感じでした。

 

 

 

今回仕事の事に加えて、

勉強もたくさんしているんだよという話もしました。

 

 

 

そして、

勉強をして終わりではなく、

すぐ実践して、振り返りをして、また次に生かす。

 

 

そういう事を常にしているんだよという事を簡単にお話ししました。

 

 

 

大人になるとテストのように

はっきりとした正解がない問題がたくさんあります。

 

 

 

そのない答えをあーでもない、こーでもないと

手探りで探しながら進むのが

ビジネスであり、人生なんだと思います。

 

 

 

今回のインタビューが

長女の将来を考える上で、何かヒントになればいいなと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハンドメイド作家歴2年。 なかなかハンドメイドで芽が出ず落ち込んでいたが、ネットビジネスをガチった事で、ハンドメイドでも毎月注文が入るように。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です